ヴィトックスをやめたらペニスは元に戻る!?

ヴィトックスα やめたら

ヴィトックスでペニス増大の結果を出していくと逆に不安になるのが、「ヴィトックスをやめたら元に戻ってしまうのか?」という点ではないでしょうか。

例えば、女性が使う化粧品なら、使っている間は良い効果が得られて美肌になたなあ~と感じても、やめたとたんに元の肌に戻ってしまった。

ダイエットのための食事制限も、止めてしまったらまんまとリバウンドしてしまった…など、なんらかの努力をして良い結果を得ていても、元に戻ってしまうことってたくさんありますよね。

『じゃあ、やっぱりヴィトックスをやめたら戻るってことなの?1回飲んだら大きくなっても飲み続けないといけないの?』

と心配になりますが、そこはもちろん大丈夫です!

逆に、大きくなりすぎてから飲むのをやめても、そこから小さくならないので、飲み過ぎには要注意というくらいなんですよ。

つまり、自分が納得できる大きさになったら飲み終えてもOKなんです。

どうして、ヴィトックスで目標を達成したらやめても大丈夫なのかと言うと、ペニスが大きくなるということは、その一瞬だけ血流が良くなって大きくなっているという訳ではなく、海綿体などの細胞自体が大きく成長しているから。

これは、骨が成長して身長が伸びるのと同じです。

私たちの身長は骨が成長することによって伸びていきますが、その後、高齢で腰が曲がった状態になったりしない限りは、普通に生活していて極端に縮むことはありませんよね。

ペニスの大きさや長さもこれと同じなので、「一生飲み続けなければいけないのか…」という強迫観念にとらわれる必要はありませんよ!

いくらお得に購入することができるとはいえ、一生じゃあ経済的にも大変です;

ただし、飲み終える時に気を付けてほしいこととして、ヴィトックスには精力剤と似た成分も入っているということ。

ヴィトックスを飲むことによって、これまで

  • 性欲が旺盛になっていた
  • 早漏が治っていた
  • 勃起力がアップしていて一晩に何度も楽しめていた

などの変化を実感していたという人は、もしかしたらそういった“精力増強効果”は薄くなって、または全く無くなったように感じられるかもしれないのです。

これは、市販の精力剤を飲んでいた場合と同じで、飲んだその時間に効果が現れるもののため、時間がたてば、または飲まなくなれば効果は得られなくなるということなんです。

つまりは、ヴィトックスを増大の目的と共に精力剤代わりにしていた人にとっては、“やめたら戻る”というのも嘘ではないと言えるでしょう。

ヴィトックスをやめたら、ペニスの大きさが完全に元に戻るということはありません。

そのため、大きくなりすぎないうちにこまめに大きさを計りながら、自分が納得できたら飲むのをストップしましょう。

しかしその時に、精力剤のような効果を得ていた場合は、その効果だけは感じられなくなるかもしれません。

ヴィトックスをやめたら戻る可能性があるのは、“精力増強効果”であるということを覚えておいてください。

→リキッドももらえて50%OFF!?ヴィトックスの限定キャンペーン詳細はこちら

 

ヴィトックスαは早漏や中折れにの改善にも効果あり?

ヴィトックスα 中折れ

ヴィトックスαには、ペニス増大や勃起力の向上、精力増強などの効果が期待できます。

が、それだけでなく早漏や中折れの改善も期待できます!

ヴィトックスαを増大のためだけでなく、精力剤として使っている方もいるんですよ。

口コミによると、勃起力の落ちる50~60代でも、ヴィトックスαを使って精力を取り戻したという方もいるので、効果はかなり期待できます。

基本的にヴィトックスαは年齢に関係なく効果が期待できる商品ですが、効き目の大きさや効き目を感じるまでにかかる期間には個人差があります。

飲み始めて1ヶ月で効果があらわれたという人もいる一方で、半年間飲み続けてようやく効果を実感したという人もいます。

飲み始めたばかりの頃はなかなか効果が出ない場合もあるかもしれませんが、効果の有無を確認するには、最低でも三ヶ月は様子を見ましょう。

また、早漏や中折れを改善するには、ヴィトックスαを服用するだけでなく普段の生活にも目を向ける必要があります。

そもそも早漏や中折れがどうして起きるのか知っていますか?
実は、必ずしも生まれつきの体質によるものではないんです。

早漏や中折れには、自律神経の働きが大きく関わっています。

自律神経には交感神経と副交感神経の二種類があります。

交感神経は興奮したり緊張したりしている時に働き、副交感神経はリラックスすると活発になります。

人が射精しやすくなるのは交感神経が強く働いている時です。

逆に副交感神経が活発になると、勃起状態を長く維持しやすくなります。

中折れや早漏が起きてしまうのは、交感神経が活発に働きすぎているからなんです。

では、自律神経を正常な状態に戻すには、どうしたら良いのでしょうか。

まずは生活習慣を見直してみましょう。

慢性的な睡眠不足や過度なストレス、緊張、疲労などは、交感神経を活性化させ、リラックスしにくい状態にしてしまいます。

毎日一定時間、良質な睡眠をとるよう心がけ、一日のストレスはその日のうちに解消するよう努めましょう。

特に思い当たる原因がないという方は、セックスの時に限り過度なストレスやプレッシャーを感じているのではないでしょうか。

中折れや早漏を怖がるあまり、交感神経が活発になりすぎている可能性がありますが、そんな時にもヴィトックスαが役に立ちます。

「飲んでいるから大丈夫」と思うだけで、リラックスして行為に臨めますよね。

ただし、ヴィトックスαにはEDを改善する効果はありません。

EDに悩んでいる方は専門のクリニックに相談し、適切な治療を受けてください。

ヴィトックスαを使うならタバコやお酒に要注意!

増大 酒 タバコ

ヴィトックスαエクストラエディションは、飲むだけで劇的に増大するようなサプリメントではありません。

効果の有無は使い方や生活習慣にも大きく左右されるんですが、これは飲んでいる間だけではなく、やめた後にも差が出ます。

たとえば、タバコやお酒などの嗜好品も影響します。

ヴィトックスαはタバコやお酒と相性が悪いといわれますが、タバコやお酒をたしなむと良くないのでしょうか。

ヴィトックスαには血管を拡張し、血行を促す成分が含まれています。

血行を促進することによりペニスまで血が通いやすくなり、勃起力が向上したり、サプリに含まれる成分がペニスまで行き届きやすくなったりという効果があるんです。

ところが、タバコに含まれるニコチンは血管を収縮させ、血行を阻害してしまいます。

その結果、ペニスまで血が届きにくくなり、勃起しにくくなるだけでなく、ペニスの成長も妨げてしまうんです。

タバコと同様、お酒も血行を悪くしてしまいます。

でも、お酒を飲むと逆に血行が良くなるイメージがありますよね。

確かにお酒を飲んだ直後は、アルコールの作用で血管が拡張され、一時的に血行が良くなります。

しかし、血中からアルコールが抜ける際、水分まで抜けてしまうので、最終的には血管が収縮してしまうんです。

さらに、お酒を飲むとトイレが近くなります。

水分を排出する際、サプリから摂取した成分も一緒に排出されてしまうので、せっかく摂った栄養がペニスに届くこともなく、ヴィトックスαの効果も半減してしまいます。

また、せっかく成功しても血流が悪くなったり、血管が収縮してしまえば、

・勃起力
・持続力
・かたさ
・精力

など、様々なものに影響するので小さくなったと感じてしまうことも。

そう考えれば、お酒やタバコは控えた方が無難です。

増大はしたいけど、禁煙や禁酒は無理!という方もいると思いますが、そんな時には無理に断酒や断煙をしなくても、意識して量を控えて、それを維持することからはじめてください。

それまで習慣的に飲酒や喫煙をしていた方が、いきなりタバコやお酒をやめてしまうと、大きなストレスがかかりますよね。

過度なストレスや疲労、プレッシャーを感じると、今度は神経伝達物質がうまく機能しなくなり、勃起しにくくなってします。

するとペニスの血行も悪くなるので、結局ヴィトックスαの効果が半減してしまうんです。

これまで飲酒や喫煙を習慣としていた方も、ヴィトックスαを飲み始めたら適度な量を心がけ、なるべくストレスを溜めないようにしましょう。

また、成功した後もタバコやアルコールを増やすのではなく、体と下半身の健康のため、ベストを継続してくださいね。

 

男性サプリ売上NO1!現在感謝還元キャンペーンを実施中!(キャンペーンは終了している場合もあります)

→ヴィトックスのプラス1個プレゼント詳細はこちら

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ