ヴィトックスとお酒好きは相性が悪いというウワサ

ヴィトックスα お酒

ヴィトックスでペニス増大をしたいと考えている人の中で、“お酒は一切飲まないよ”という方はなかなかいないのではないかと思います。

実は、ヴィトックスとお酒を良く飲む方はあまり相性がいいとは言えません。

ということは、お酒を飲んでいると、ペニス増大はできないということなのでしょうか?

詳しく調べてみました。

お酒の下半身への影響

お酒を飲むと、肝臓でアルコールを分解するように体内で動きがありますが、この時、アミノ酸やその他アルコール分解酵素が使われます。

ヴィトックスとお酒を同じタイミングで飲んだとすると、アルコールの分解に有効成分であるアミノ酸『アルギニン』『シトルリン』が使われてしまうのです。
※アルギニンとシトルリンについては下で詳しく説明します

また、アルコールの分解で肝臓の代謝能力がグンとアップしてしまうので、必要以上に有効成分が体の外に排出されることも。

つまり、成分がほんのちょっとしか体内に残らない…ということなんです。

これでは、毎日飲んでいても効果が出るまでに、余計に時間がかかってしまいます。

さらに、お酒を飲むと、いざという時でも勃起しにくいと感じたことはないでしょうか?

これは、飲んで時間がたつと、アルコールと水分を排出しようとして血管が収縮してしまうからなんです。

ペニスが十分に勃起するには血流が良くならないとNGのため、ヴィトックスとの相性以外にも、お酒はペニスにとっていい影響があまりないのです。

“じゃあ、禁酒しないといけないのか?”というと、そこまで自分に厳しくならなくても大丈夫。

アルコールを分解するには時間がかかりますが、

  • ビール350ml…2.5時間
  • ビール500ml…3時間
  • 日本酒1合…3時間
  • ワイングラス2杯…3時間

このように、飲み過ぎなければおおよそ2~3時間で分解が一段落します。
※個人差はあります

なので、お酒を飲んでから、この分解にかかる時間の間はヴィトックスを飲まないようにし、寝る前などに飲むようにすれば効果を失わずに済むのです。

また、逆に、薬やサプリメントなどが体内で吸収されるまでは早くて30分、だいたい1時間ほどかかりますので、飲む間隔をあけるのも一つの方法です。

さらに、お酒を飲む日とそうでない日で飲む時間がバラバラになり、飲み忘れをしそうだなという人は、お酒を飲むことなどほとんどない朝や昼間に、ヴィトックスを飲む習慣をつけるのもいいでしょう。

ヴィトックスとお酒を飲む時間帯が近ければ近いほど、ヴィトックスの効果を薄れさせてしまうため、この2つの相性はとても良いとは言えたものではないんです。

だからこそ、

  • 飲む時間をずらす
  • 午前中にヴィトックスを飲む

などの工夫をして、ヴィトックスとも、お酒とも、どちらともいいお付き合いをしていけたらいいですね。

とはいえ、効率良いサイズアップを考えるなら、一生続けるものではないのでその期間だけでも極力禁酒をして、一番効果の高い寝る前にヴィトックスを飲む生活をすることをオススメします。

→ヴィトックスの詳しい情報はこちらでチェック

ペニス増大に欠かせない!アルギニンの効果とは?

増大サプリ アルギニン

ペニス増大サプリや精力剤によく配合されている成分に、アルギニンという成分があります。

アルギニンにはどのような効果が期待できるのでしょうか。

アルギニンとはアミノ酸の一種です。

アミノ酸は大きく分けて、人の体内で合成できる非必須アミノ酸と、体内では生成できない必須アミノ酸の二種類があります。

アルギニンは非必須アミノ酸に分類されます。

しかし、アルギニンは加齢とともに生成される量が減少してしまうので、食事やサプリメントから摂取する必要があります。

アルギニンを摂取することで、体にどのような影響があるのでしょうか。

アルギニンには骨や筋肉の成長を促し、疲労を回復させる効果が期待できます。

さらに、成長ホルモンの合成を促進する働きもあるので、成長期には欠かせない成分です。

成長ホルモンはペニスの成長を促すためにも必要ですが、年齢を重ねるにつれ分泌量が減ってしまいます。

40代になると、成長期の約半分まで分泌量が低下してしまうんです。

また、アルギニンには血行を促進する働きがあります。

アルギニンは体内に取り込まれると、血中でシトルリンに変換されますが、アルギニンが変化する際、血管の中で一酸化窒素が発生します。

一酸化炭素には血管を拡張する作用があるので、毛細血管や末端の血管まで血液が行き渡りやすくなります。

全身の血行を促すことで、ペニスの海綿体に流れ込む血液の量を増やし、勃起力の向上やペニスの成長を促す効果が期待できるんです。

ただし、体内で生成されたアルギニンや、食事から摂取したアルギニンがすべて血管内に留まるわけではありません。

アルギニンはタンパク質を生成する材料でもあります。

そのため、シトルリンに変換される前に、体内に吸収されてしまう割合も多いんです。

アルギニンの効果を引き出すためには、1日あたり4000mgほどのアルギニンを摂取する必要があります。

そこで、アルギニンを多く含む食材の中でも、特におすすめの食べ物を紹介します。

かつお節

エビやマグロ、カツオなどの魚介類はアルギニンを多く含んでいます。
特にかつお節は料理に足したり、だしをとるために使ったりと、幅広い用途に使えます。
さらに、カツオにはアルギニンの吸収率を上げるビタミンB6も含まれているので、効率よくアルギニンを摂取できます。

鶏むね肉

鶏肉や牛肉も、アルギニンを多く含む食材です。
ただし、肉類は大量に食べすぎると、脂肪まで摂りすぎてしまうおそれがあります。
鶏むね肉は鶏肉の中でも脂肪分が少ない部位です。

ナッツ類

ピーナッツやアーモンドなどのナッツ類はアルギニンだけでなく、良質な脂質も含んでいます。
おやつとして手軽に食べられるので、小腹が空いた時にもおすすめです。
ただし、カロリーが高いので食べすぎには気をつけてください。

 

ペニス増大に良いって本当?シトルリンとは

増大 シトルリン

ペニス増大に興味のある方なら、シトルリンという成分を知っている方もいるのではないでしょうか。

シトルリンはペニス増大サプリや筋肉増強サプリに配合されることの多い成分ですが、アミノ酸の一種で、スイカやキュウリなどウリ科の植物に多く含まれる成分です。

人の血液や細胞の中にも存在します。

シトルリンは人の体内で一酸化窒素を生み出したり、増加させたりする働きがあります。

一酸化窒素というと、一酸化炭素と勘違いしている人もいますが、人の体内で生成される一酸化窒素は重要な役目を果たします。

血管の中にとどまっているシトルリンが一酸化窒素を発生させると、血管が拡張し、血流が改善されます。

同時に血管の柔軟性も高めてくれるので、血栓や動脈硬化を予防する効果も期待できるんですよ。

増大サプリにシトルリンが配合されているのは、シトルリンのもつ血行促進作用が、ペニス増大に効果的に働きかけるためです。

ペニスの大部分は、海綿体という組織で構成されています。

ペニスが勃起する時には、海綿体に大量の血液が流れ込んでいる状態です。

シトルリンの作用により血管が拡張すると、海綿体に流れる血液の量が増え、ペニスの成長を促したり、勃起不全を改善したりする効果が期待できます。

ただし、シトルリンの健康効果を期待するのであれば、1日あたり400~800mgほどの量を長期的に摂取する必要があります。

シトルリンは食べ物にも含まれますが、毎日の食事からこれだけの量のシトルリンを摂取するのは困難です。

食べ物の中でも、比較的シトルリンの含有量が高いスイカでも、100gあたり180mgほどしか含まれていません。

ただし、スイカが出回るのは主に夏の時期で、旬を過ぎると途端に入手が困難になってしまいますので、毎日かならずスイカを食べる食生活というのも、あまり現実的ではありませんよね。

メロンや冬瓜、きゅうりなどウリ科の野菜や果物にもシトルリンは含まれますが、スイカにくらべると微々たる量です。

そこで、シトルリンを含んだサプリが活躍します。

サプリなら季節を問わず入手できて、手軽に摂取できます。

シトルリンは植物から抽出される成分なので、副作用のリスクは非常に低い成分です。

ただし、いくら摂取しても大丈夫というわけではなく、過剰摂取により思わぬ体調不良を引き起こすおそれがあります。

特に、医師から処方される薬を常用している方は、サプリを使う前に医師に相談しましょう。

増大サプリを試したいなら今がチャンス!安全性が高く4年連続NO1のヴィトックス。今ならリキッドもサプリも1箱プレゼントでもらえます。

→ヴィトックスの最新キャンペーンは公式サイトへ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ