ヴィトックスは10代、20代だから効くのか

ヴィトックスα 10代

ヴィトックスは10代や20代のような若い世代だからこそ効果がある!年を取ってからじゃあ効かない!…なんていう声を見つけました。

こういった口コミはどこまでが本当なのでしょうか。

確かに、効果の出方には個人差もありますが、年齢による効きにくさという差も出てきてしまうのは本当なんです。

それは、元々の“成長ホルモン”の分泌量が全然違うため。

成長ホルモンは肉体を成長させるためのホルモンで、筋肉や骨に関わってくるので、もちろんペニスの大きさにも関係あるんです。

そして、分泌量は10代がピークなのですが、20代後半から急激に分泌量が減るというのが現実。

つまり、同じ量と飲み方や継続期間でヴィトックスを飲んだとしても、20代と40~50代では結果に差が出てもおかしくはないんです。

そのため、ヴィトックスは10代や20代の方が効果があって、年を取っていると意味がない…という口コミは嘘だとは言い切れないでしょう。

ちなみに、10代の場合はヴィトックスを飲むこと自体が好ましくありませんので要注意。

成長ホルモンの分泌量がとても多いので、そのバランスが崩れてしまう可能性もありますし、体全体が成長途中であるこの時期に増大サプリメントを取り入れるのは、危険であるといっても過言ではないでしょう。

何もしなくてもペニスもどんどん大きくなるであろう10代のうちに、理想にたどり着けなかった時にこそ、改めてヴィトックスを取り入れてみればいいのではないでしょうか。

さて、こうなると年齢が上になるほど効果を得られないのか、ということになってしまいますが、そこは「継続は力なり」を実践するしかありません。

もともと体内で分泌される成長ホルモンは少なくなっていたとしても、それをサプリメントで補い続けることがヴィトックスを飲む目的なのです。

若い世代よりは時間がかかっても、効果が全くないということはないでしょう。

また、

  • 生活習慣や自分自身のストレスなども見つめ直して、効果の出やすい体質にしていく
  • 適度な運動で体を動かして汗をかいたり血行を良くする
  • お酒やたばこのやり過ぎに気を付ける

など、40代~50代以上の場合は、よりこうしたポイントに気を付けると良いですね。

ヴィトックスは10代、20代だから効果がでるサプリメントである、ということではありません。

どの年代であっても、継続していくことで効果を得ている人は多くいるんです。

もちろん、どんなに長期間試してもダメな人もいたかもしれませんが、ペニス増大にはサプリメント以外にも、改善した方がいい点を見つめ直すことで効果が出ることもあります。

ペニス増大を考えた時に、「どうせ…」と年齢だけにとらわれないようにしたいですね。

→ヴィトックスの効果は公式サイトで

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ