ヴィトックスは血圧に影響が出てしまうのか

ヴィトックスを飲もうとしている人、また現在飲み続けている人の中でも、副作用がおこったら怖いな…と少なからず考えている人は多いのではないでしょうか。

これについては、サプリメントは薬ではないため、大きな副作用が起こる可能性はゼロに近いと言えます。

ヴィトックスαの副作用について…>>

しかし、それは薬と同じように、用法と用量を守って飲んだ場合に限られることは解っているかと思います。

1回分飲み忘れたから、早く効果がほしいから、薬ではないのだから大丈夫…と油断して一気に飲んだりすれば、何らかの症状が体に出てしまうことだって有り得るのです。

ヴィトックスも、基本的には副作用が起こることの無い安全なサプリメントです。

元々は外国で製造されていたものを、日本人の体に合うように作り直しているということを考えると、余計に安心感は大きいですよね。

ただ、ひとつだけ気を付けたいのが、ヴィトックスを“血圧に不安をもっている人”が飲む場合なんです。

ヴィトックスα 血圧

中でも特に“高血圧”と診断を受けている人で、血圧を安定させるための薬である、降圧剤を処方されて服用している人。

何故なのか…その理由は、ヴィトックスが体内でもたらす効果として、血流をよくするというものがあるためです。

これは、血圧が正常である人でも同じことで、血流がよくなるということは、どんどん血液が流れてくるということですから、血管への負担も少しだけ増します。

血管への負担というのは圧力であり、これがつまり血圧です。

血圧が正常範囲である人が飲む分には、危険な影響というのはないと思われるのですが、降圧剤を飲んでいる人にとってはヴィトックスによって、薬の作用を打ち消すことになってしまう可能性が大きいのです。

そのため、高血圧で薬を処方されているという人はヴィトックスを飲めないのか?と思ってしまいがちですが、まずは医師に相談することから始めてみてください。

かかりつけの医師に「こういったサプリメントですが大丈夫ですか」ということを相談すれば、飲めると判断されることもあるかもしれません。

なかなか医師にも言いにくい話題ではありますが、後から生命にかかわってはペニス増大どころではありません。

安全なサプリメントでも、自己判断で飲むのは止めて、場合によっては飲めない人もいるということを忘れないでください。

副作用の心配がないヴィトックスも血圧に少なからず影響を与えるので、高血圧の人は注意が必要です。

自己判断で飲み続けるのはストップし、一度医師に相談することをオススメします。

また、他にも心配な疾患があるという人は、しっかりと相談してから飲めるのかどうかを判断してもらってくださいね。

→ヴィトックスの公式サイトはこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ